左膝痛〜カント調整

Posted by in Accidents, Maintenance

先月くらいから左膝の外側、いわゆる腸脛靭帯に疼痛が発生するようになっていました。にぶーく痛くなるのは大体20km〜30km走ったくらいから。フラットなところでも違和感はあったんですが、特に登り坂とかギアを軽くしても多少力がかかってしまう時に明らかに、「あ、痛いな」って感じでした。うーん厄介なものを抱えたぞと思っていましたが、悩んでも治らないのでウェブで調べて色々と試してみました。

  • クリート調整
  • サポーターその1
  • サポーターその2
  • カント調整

クリート調整
クランクからの距離を離してやると良いとかどっかのウェブサイトで見たので試しました。確かにクロスバイク(クランクDeoreLXでQファクター広い)にSPDペダルつけて乗っていた時期が長かったから広いのに足が慣れていたのか?という気もしたので試しました。SPD-SLに変えてクリート嵌めるの下手くそで左側傷だらけですね。お見苦しい。
image1

結果、痛みは変わらず……というか痛くなるのが早くなった気がしました。私には向いてなかったということで。元に戻しました。

サポーターその1
薬局で売っている¥1,000くらいのやつです。多分マツキヨのオリジナルかな。膝の皿の前でクロスしている締め付け帯?みたいのがあって、つけるとなんだか痛みが来るのが遅くなるように思えます。
こんなのです。洗濯中なんでフニャフニャですが(笑)
image1-2

伸ばさないように手洗いしていたんですが、ダメですね。伸び伸び。一定の効果はありなんですが…

サポーターその2
ZAMSTのランナー膝用のやつを試してみました。つけた感じは…..窮屈(泣)やっぱりサイクリング用じゃないからなー。試しに100km佐渡で走っている時につけてみたんですが、ダメでした。ベルクロ部分がズレて皮膚に擦れ、擦り傷になってました。やっぱランナー用だもんなー膝が曲がる角度が違うもんなー
というわけで、これは私には向かないということで無し。効果があったという記事もみたことあったんで、人によるんでしょうね。

と、サポーター2つ試して、片方はまぁまぁ良いかなと思ったんですがそもそもサポーターで対処するのって根本解決じゃないなー、腸脛靭帯と骨擦れてんじゃんってことで、以前からウェブで見かけていたカント調整ってのを試すことにしました。

カント調整
私は結構なO脚なんで、記事にあったように親指の母子球あたりにフェルトを貼ってみました。フェルトは100均一で貼り付ける両面テープと一緒に購入。100均一ってなんでも揃うから楽。試しなんで2枚。厚さにして3mmくらいです。

image1-1
ひとまずこれで本日85km走ってみました。結果は「お!これは!」って感じでしたね。85km走ったのに痛みはほぼ無し。ただほとんどフラットだったんでもっと登り含むルートを走ってみないとまだわかりません。

で、気づいたことが一つ。

右足の方がバランス悪い

右足は腸脛靭帯に痛みは出てないんですが、こっちの方がひどい。こいでる時に明らかに親指側と小指側の縦位置のバランスが悪い。むしろカント調整が必要なのはこっちなんじゃないかってくらいにひどい。

靴が合ってないんじゃないかってのは置いといて。右側の中敷にも細工しようと思います。
次回は登り&右足の件を記載できればと思います。