タイヤ交換(Vittoria Rubino Pro3 700×23C Red×Black→Full Black)

Posted by in Customize

タイトルの通りタイヤを交換しました。リアのセンター部分のトレッドが摩耗していたのと、色を黒にして締まったイメージに戻したかったので。

タイヤです。自転車部品.comさんで購入して、本日届きました。

DSC01942

まず、前輪から。フレームから外します。赤いですね。

DSC01943

で、空気を抜きます。空気が抜けたら片側のビードをリムから外します。私はここはタイヤレバー使ってしまいます。手で外れりゃいいんですけどね。頑張ったら外れるかもしれないですが。。で外した写真が以下です。

DSC01944

片側が外れたら、チューブを外します。チューブを傷つけないように気をつけます。チューブが外れたらタイヤをホイールから外します。ここは特に力要らないですね。てことで、外れました。

DSC01945

外したタイヤは邪魔なんで、たたみます。ケブラービードのタイヤは簡単にたためるのがいいですね。ワイヤーのをたたもうものなら、ワイヤーがグネグネになってしまうんでたためません(たたむと2度と使えないと思う)。

DSC01946

新しいタイヤをはめていきます。
まず、片側のビードをはめます。このときバルブ穴の位置とタイヤのロゴの中心を合わせましょうって色々なサイトに書いてありますね。もちろん、合わせます。

DSC01947

で、先ほど外したチューブを入れます。入れるときなんですが、しっかりリムの内側に落ちているか確認します。私は1回入れたあとにもう1周ほど、指で触って確認してます。たまにはみ出てるので。
チューブ入りました。バルブがちゃんとホイールの中心向いてるか確認しときましょう。斜めになってたりするときがあります。

DSC01948

チューブが入ったら、もう片方のビードをリムに落としていきます。ここもタイヤレバー使うと楽なんですが、チューブやリムを傷つけたりする可能性があるので出来るだけ手で入れてます。私はロードもクロスもRubino Pro3を使ってますが、このタイヤは手で十分はめられます。この辺までくると結構キツいんですが、うまい事やるとスルッと入ります。ただ、無理して手で頑張ると親指の爪と肉の間が切れたりするので手でやる場合はほどほどに。プラス自己責任でwww

DSC01949

ビードがリムに収まったら空気を入れていくんですが、その前にチューブを噛んでいないか確認します。こんな感じで指でタイヤを押して確認してますね。片側1周確認したら、もう片方も1周確認です。

DSC01951

チューブの噛み込みがなかったら、空気を入れていきます。空気入れると言ってもいきなり高圧にはしないようにしてます。まず2barくらいで止めてビードがリムからはみ出してないか確認。その後3bar,4bar,5bar,…と1barずつ確認して、7barまで入れます。過去に5barくらいでビードがリムからはみ出した事あります。その後轟音とともにバースト。。。なのでめんどくさいですが空気入れるときは慎重に。
確認するときはリムとタイヤの境界のところをササササッと全周、両側触るだけです。はみ出てたらすぐ分かります。

DSC01953

で7barまで入れておしまいです。リアも同じ手順ですね(割愛)。