Germany

Posted by in 未分類

2018年の晩秋にドイツへ行って来ました。
前回、オランダへ行きましたが、今回はちょっと下の国、ドイツです。
フランクフルト➡️ベルリン➡️ミュンヘン➡️ケルン経由で、すべて民泊。
民泊と言っても、以前に会った事のある友人宅です。
今回が初めてのドイツ訪問だったのですが、驚くことがいっぱい!
ま、それは後に書くとして、まずは自転車情報!

上記の写真で分かるかどうかわかりませんが、ドイツの鉄道には「改札」なるものが一切ありません。
「んじゃ、キセルし放題なんじゃない⁉️」って事になるんですが、キセルしようと思えば、何とでもできます。
ただ、たまに駅員さんが切符の確認に回って来る事があるので、その時にキセルが発覚するとエラい目に会うそうです。(詳しくは知りませんが…)

それはさておき、改札のないドイツの鉄道。
自転車はどうなっているのかと言うと….
上記の写真の様に、駅のホームに自転車を持った人がフツーにいます。

中には上記の写真の様なツワモノも・・・
(8日間ドイツにいましたが、ロードバイクを見たのは、これが最初で最後でした。)

街中の自転車事情と言うと・・・

こんな感じで、街中にガンガンに止められています。
ただ、本当にロードバイクは止まっていません。
友人に聞くと、ロードバイクの盗難率は相当高いらしく、写真の様なシティバイク(?)とレンタルサイクルがメインとなっている様です。

ドイツもオランダ同様、電車に自転車をフツーに乗せられます。
上記の写真は、ほぼラッシュアワーの状況ですが、ガンガンに自転車持参の乗車客が乗って来ます。

と、もっとドイツの自転車事情について書きたいのですが。残念ながら自転車がらみの写真がもうありません・・・。

ですので、ここからは、「もし、あなたがドイツへ行ったなら」をテーマにお送りさせて頂きたいと思います。
完全に私のドイツ旅行の記録でしかありませんが、「もし、あなたがドイツへ行ったなら」役立つ情報が必ずあるはずです。

Berlin

ベルリン到着後に、友人宅へ。
ベルリンと言えば、フィルハーモニー!
どいう事で、 Berlin Phill Harmonyへ行ってきました。

時差がまだ完全に取れていなかったため、50%はZzzzzz…となってしまいましたが・・・😅
インターネットで予約出来るので、現地で観たい人は、日本出国前にあらかじめオフィシャルサイトでチケットを購入しておいた方が良いでしょう。

ベルリンの壁です。
全体的には残っていませんが、部分的には残されていますね。

Münhen

ミュンヘンには9月下旬に行ったのですが、その時期が丁度「OKTOBERFEST」
ビール、ソーセージ、プレッツェル祭りです。

メインホールでビールとか頂こうと思ってテント内に入りましたが、あいにくの満席・・・
仕方がないので、外の席へ。

外のテラス席はガラガラでした。
で、まずは何と言ってもビール‼️

注文しましたが、500mlと1Lの二択!
(上記写真は1Lです。)

ソーセージ

プレッツェル

バカデカいので、一見美味しそうに見えませんでしたが、名物という事で注文。
なんと!これが非常に美味い!驚きでした!
ドイツへ行かれた際には、是非試してみて下さい。
あと、ドイツ料理はイタリアやフランスみたいに、料理にオシャレな飾りつけは一切ありませんが、どれも非常に美味しい料理でした。
が、量が多い・・・・(私が少食だけなのかも知れませんが😅)

一応、不要かも知れませんが、OKTOBERFESTのパレードの様子を載せておきます。

(3分14秒辺りに、いきなりセクシーショットがw)

Köln

ケルンと言えば、駅前に聳える大聖堂。
友人の知り合いが大聖堂の管理をしていたらしく、普通の観光客では見られない部分も見せてくれました。
因みに現地の人に「ケルン」と言っても伝わりません。
カタカナで書くなら「コロン」と言いましょう。

ドイツでびっくりしたこと‼️

まず、お犬様の権利がハンパない!
ま、ヨーロッパは近隣の国が近いのだけれど、お犬様のパスポートがあるのは知らなかった。

それと、日本でいう所の高島屋とか三越にも、フツーにお犬様は入れるんですよね。

それから、ドイツの地区にもよりますが、北方面のドイツの家は、電子レンジがありません。
理由を聞くと電子レンジから出るマイクロウェーブが「健康に悪い」んだとか。
まぁ、ほぼ都市伝説なんだと思いますが・・・。
上記の写真でお犬様を連れている女性の家は大富豪なのですが、電子レンジはありませんでした。

Train

ドイツでの新幹線はICEと言います。
「アイス」とは読まず「アイシーイー」と現地の人は読んでいます。
2等席で十分ですが、事前に予約しておいた方が良いです。
Berlin➡️Leipzigまで当日購入@自由席で向かいましたが、座れませんでした😱
予約が可能な非常に優秀なスマホアプリ「DB Navigator」というものがあるので、事前にインストールしておいた方が良いですね。(完全無料です。)

ただ、日本の新幹線の様に定刻にキッチリ運行されている訳ではありません。
ただ、イタリアとかよりはマシです。
一番酷かったのが、「車両の順番」!!
案内板には、先頭から12号車、11号車、10号車・・・となりますと書かれているのに、いざ到着すると、途中から12号車、11号車、10号車、1号車、2号車、3号車とかになっている場合があります。ってか、ほぼなってます!
海外旅行は大きなスーツケースを持って歩く事になるので、この車両番号が案内板の状況を違うと悲惨な事になります。
何両もスーツケースを持って車両内を移動しなければならなくなりますし、ようやく目的の車両に到着しても車両内にあるスーツケース置き場が既に満杯だったりしますので、十分に注意して下さい。

なんと、ダイナー車両(食堂車)では、ビールはグラスで提供されます!
しかも、ビールメーカー毎に使用されるグラスが違います。
お酒の好きな私には嬉しいサービスでした😊

NO AIRCONDITIONER

どの家庭にもエアコンはありません・・・。(商店は除く)
2017年の夏に、ドイツ国内でありえない程の気温上昇があったらしく、それでもエアコンを取り付ける家庭はなく、Amazonでも扇風機が売り切れていたそうです。
私は9月の下旬に行きましたが、途中で突然気温が下がり、最初はTシャツだけで過ごせましたが、ある日を界に最高気温がいきなり一桁に。
秋口に行かれる人は要注意です。

NO ELEVATOR

ドイツのアパートには、ほぼエレベータがありません。
まぁ、10Fを超える様なアパートメントビルは、ありませんからね。
ヨーロッパで友人宅に止まる時には、事前に確認しておいた方が良いかもです。

と、長々と買いてしまいましたが、今後の参考になれば幸いです。
自転車が好きな人は、一度はヨーロッパへ出かけましょう!
いろんな考えが変わりますよ!

それではまた!!

——- 写 真 出 演 ———
長谷 恵郁 (はせいく) Official Web site / iTunes Store