SANTOS TRAVEL MASTER 2.6

Posted by in 未分類

行って来ました!Netherland!(オランダ)

今回の目的は、記事のタイトルにもなっている「SANTOS TRAVEL MASTER」を購入する事です!
これまではずっとロードバイクに乗っていましたが、やはり遠乗りをする際の荷物の配置を考えた場合に、いろいろと限界を感じ始めたからです。
最終的に持っていたロードに「THULE Pack’n Pedal Tour Rack」を取り付けて走ってもみましたが、やはりどうしても無理がある・・・・。

上記の写真だとガッチリと取り付けられている様に見えますが、ここに荷物を乗せて走っていると、やはり微妙にキャリアが下がって来ます・・・。
で、結局ロードバイクは「私の走りたい用途と異なっている!」と言う判断に至りました。

私は無料で海外の旅行者を自宅に民泊させているのですが、ある日オランダからのカップルがウチに宿泊しました。
彼らは自転車をオランダから日本へ送って、それに乗って日本中を旅をしている人たちです。

その彼らが乗っていたのが、「SANTOS TRAVEL MASTER」だったのです。
最終日に一緒に近場を走ろう!と言われたので、東京スカイツリーまで写真の男性と約20km(往復)を走りました。
で、目的地に到着した時に彼にお願いして、彼の自転車を運転させてもらいました。

運転して見て正直、「なにこの快適さ!!!」本当に心底ビックリでした!

これまでのロードがフェラーリなら、乗り心地ではSANTOSはMercedezと言う感じ!
振動が全然ないし、これなら乗ってて疲れない!(但し、重いしスピードは出ないw)
因みに、彼の乗っていたチャリがコレ。

外観はこれまで乗っていたロードの見た目より、かなり劣化しますw
が、「快適さ」に心底惹かれました!!

彼らが私の自宅から次の目的地に向かってから約一年後・・・・・私の頭の中はもうSANTOS一色!!!

もう我慢できない!!オランダに行くしかない!!
と言う事で、SANTOSを求めて2017年6月19日にオランダへ向けて飛び立ちました!

約11時間ちょっとのフライト中、前の座席に座っていた子供にずぅ〜〜〜っと(およそ6時間程度)ちょっかいを出され、シート越しに「いないいないばぁ」を強要され続けましたw
まぁ、子供に長時間のフライトは無理ですよねぇ(^^;) しかし、それにしても超〜カワイイ女の子で、逆にこっちが癒されていたかもですけどw

とまぁ、なんだかんだあって、無事オランダ到着!!

ホテルまで電車で移動しましたが、オランダの電車は自転車持ち込みは普通だそうです。
電車のドアにちゃんと自転車マークが描かれています。

で、なんとか市街地に到着!!さすが運河の街!

実は、この2日後に美術館に行ったのですが、そこで私のカメラ(Canon 7D MK2)が盗難にあってしまい、撮影したデータが全部無駄に(;;)
なので、市街の写真のほとんどがなくなってしまいました・・・(これ以降の写真はすべてiPhone 6 Plusの撮影データです)

せっかくなので、少ない写真の何枚かをアップしておきます。

まぁ、詳しくは語らずとも、写真を見て頂ければ、この街の「自由さ」は伝わる事でしょうw

話をSANTOSに戻しましょう!!

まず、アムステルダム市内でSANTOSを取り扱っている代理店を調べてみると・・・ホテルから歩いて15分の所に1店舗ありました!
で、早速お店へ向かいます!

店名は「De Vakantiefietser」というお店。(Westerstraat 216 1015 MS Amsterdam Nederland 電話:020-6164091)
早速中に入ってみます!

おー、SANTOSがたくさん!!

早速店員さんを呼び、欲しいSANTOSについての話をはじめました。
もちろん、日本を出る際に「大体このスペックかなぁ〜?」とSANTOS Officialで決めてあったので、それについて店員さんと会話してみました。

私がオフィシャルサイトをチェックした時は、「Travelmaster 3+」ってのが最新だったので、これを買おうと向かいました。
私に着いた技術者はエリックと言う若い青年。日本からSANTOSを買いに来た事を伝えると、私で2人目だそうです。
一番最初の人は、東京の世田谷の人で、私と同じくSANTOSがどうしても欲しくて来店されたとの事でした。

それはともかく、商談に入ります!

私:「今、TRAVEL MASTER 3+ってのがあるじゃない?それを買いたいんだけど、ここで買える??」
彼:(なぜか苦笑い)
私:「新しい方が性能いいんでしょ??」
彼:「NO」
私:(@@;)

ここから彼と話した事をまとめて書いておきます。

まず、彼(Eric)が自転車を買う or 売る時の目的は「限りなくノントラブルであること」。

彼云く、「ディスクブレーキは確かに雨天時などには有効だけど、飛行機とかの輸送時に手荒く扱われ、その際にディスクが少しでも歪んでしまったら、もうそこで終わりですよね?」

では、何を選択すればいいの?と聞くと、「TravelMasterシリーズのほとんどは油圧リムブレーキを使っていて、歴史も長く、信頼性も非常に高いので、こちらをオススメします。」
との事。

ワカリマシタ・・・では、純正の油圧ブレーキを選択します・・・で、次はホイールなんですが、やはり私は700Cとかの大きめのホイールがいいんですけど!

再びEricが苦笑い。
「この自転車はユーラシア大陸を横断しても、極力トラブルが出ないように設計されています。ただ、利用する方々がその理由を理解していないと意味がありません。私は26インチのホイールが一番良いと思いますよ。」

(え?? だって、車輪の外周が短ければ、走行距離に大きく関係してくるじゃん)と心の中で思ったけど、彼はこう言って来ました。

「大きい車輪だと確かに距離は稼げますが、重心が高いんです。この自転車を使う多くの人たちは、かなりの荷物を載せて走っています。その際にホイールの重心が高いと、不安定な走行の要因になるので、私はいつも26インチを勧めています。」

ワタシハ、ユーラシアタイリク、ソウハスルヨテイナインデスケド・・・

でも、まっすぐに私の目を見てそう言い切る彼の潔さに折れて、結局26インチをチョイス。

もうここまでのやり取りで、Ericが私が何を言っても折れない事を確信したので、「あとは君に任せた!必要な装備を全部付けて、その他の選択も君が選んで!」と言った結果、以下の装備となりました。

で、

・チェーンは金属でなく、ベルトドライブ。(絶対に切れないらしいw)
・フロントハブ内では常に発電されているので、ハンドルステムにはスマホ用のUSBインターフェース。
・内部変速ギア(ディレーラー式ではない)
・方位磁石付きのベル

で、総額640,000円也。Orz (但し、日本への送料無料との事)

内部変速ギアとサラッと書いたが、店内に置かれていたサンプルはこんな感じ。

これを2本のケーブルを使って変速するんだそうで。
ディレーラー方式ではないので、別に車輪が回っていなくても変速できるメリットがあるんだとか。しっかし、これだけで重そうw

なんだかんだしてる間に、再びEric接近!

何かと思えば、私のお尻の骨の間隔を計測したいとか。
言われるがままに敷かれた紙の上に腰掛け、骨の位置計測。(その他にも腕や足の長さなどの計測も行った)
その次に、カラーリングのオーダー。

SANTOSは、前後のハブとボディ、ロゴの色、ライトの色を選択出来るらしく、好みを聞かれたが、オランダならボディはオレンジしかないっしょ!
その他は黒でお願いした。

で、待つ事2ヶ月。Ericから仮組みされた私のSANTOSの写真が送られて来た。

だっせぇぇぇぇぇ〜っ!!!
でも、あの乗り心地を味わえるなら、ま、いっか!と!

それから2ヶ月後、無事に日本」(我が家)に到着しました!
2個口で届きましたが、それぞれの価格を10,000円と税関書類に記してくれていたので、関税は取られませんでした。
(さすが!Eric!)

それから一年間(通勤で約1,000km)乗ってみました。
確かに乗りやすい!!
ただ、非常に重いっ!!!

写真は組み上げた直後のものですが、ノーマルで17kgありますし、通常走行で20km前後が精一杯ですね。
しっかし、各パーツを見てもシマノのパーツは一切付いていないし、非常に新鮮ですね。

先日、私の家内の音楽教室の発表会で、PAやらミキサーやらを会場に運び込まなくちゃ行けなかったのですが、SANTOS + 前後バッグ + TOPEAK Journey Trailerを組み合わせると楽勝でした!

まだまだ詳細に付いて書き切れていませんが、リクエストがあれば、追記したいと思っています。

---オマケ---あなたもオランダに行った気分になりましょうw