Solarstorm x 3

Posted by in Accidents, Parts, Report

IMG_0236

「書留でーす!」

ある日荷物が届いた。
送付元はBudapest。Hungary!?!?
一瞬、ハンガリーの友人が何か送って来た?と思って開けてみる。(ホントにいるので、てっきりそうかと思っていたが・・)

IMG_0237

思い出した。
2015年の終わり頃に注文した自転車のライト「Solarstorm」。
公式サイトのドメインが.plなので、ポーランド製らしい。

中身は以下の通り。

  • ライト本体
  • バッテリー
  • バッテリーカバー
  • 充電器
  • ゴムベルト x 2 (大と小)

ひとつずつ検品。
まずはライト本体。

IMG_0240

次にバッテリー。

IMG_0247

バッテリーは黒いセロハンが巻かれているだけで、容量等についての記載は一切ない。
サイトでいろいろと調べると、6,400 mAhらしい。

全体を写すとこんなカンジ。
大きさが分かる様に、Magic Mouseを置いてみた。
IMG_0239

意外と小さいですね。

次は重さを計ってみましょう。
まずはライト本体。
IMG_0248

次にバッテリー。
IMG_0249

合わせると、291.5g。まぁ、こんなもんかと。

バッテリーとライトを接続してみる。
IMG_0244接続した後に、外れない様にするパーツが付いているので、クルクルとねじ込んで接続完了。

特に何もしていないけれど、バッテリー残量表示のインジケーターが点灯。
IMG_0245

どうもバッテリーと繋いでいる間は、ずっと点灯しているっぽい。
ライトを使う時以外は、ケーブルは外しておかないと放電してしまう様子。うーん、ちょっとガッカリ。

インジケータ横の青いボタンがメインスイッチで、弱・中・強の3段階に調整出来る。
このライトはLEDの3灯だが、1灯だけとか2灯だけとかでなく、3灯が常に点灯して、その強さが調整可能。
長押しで点滅もOK。

早速、取り付けをやってみる。
現在サイクルコンピュータを付けているバーの下に、逆向きで付ける事にする。
IMG_0251

取り付け後。
IMG_0255

バッテリーは、Topeka Fuel Tank内に格納。
IMG_0257

で、点灯!
IMG_0259

光量は結構強い。
調べて見ると、6,000 Lumenだとの事。

しっかし、何となく違和感。それは・・・。IMG_0255

う〜ん・・・どうしてくれよう・・・。

この正面の銀のフレームがタレ目を強調してしまう。
これは、塗装するしかない!

早速分解! (ここから以下の作業は酔っ払っています(^^;))
IMG_0264

プラスネジ x 4で止まっているだけなので、すぐに外せます。
銀の金属パーツの裏には、防水用のゴムがありました。
IMG_0265

塗装に入る前に脱脂。
クルマ用ですが、コイツを使って脱脂します。
IMG_0274

ゴシゴシと・・・。
IMG_0267

で、いよいよ塗装です。
IMG_0269

小さいパーツだし、いきなり塗装でもいいですが、折角サーフェイサーがあるので、下塗りからやりましょう。
IMG_0272

ネジも段ボールに突き刺して下塗り。
IMG_0273

乾かしている間に外したレンズ部分を見てみると、組み立て時に付いたと思われる脂がべっとり・・。
IMG_0278

これも脱脂。
IMG_0279

そうこうしてるうちに、サーフェイサーが乾きました。
IMG_0280

いよいよ本塗り。
色はマットブラックをチョイスしました。
IMG_0281

ネジも塗装!
IMG_0282

本来なら完全に乾いた後に、1000番台の紙ヤスリで表面を慣らすのですが、そこは割愛。
酔っぱらいには、ここまでが限界!

しばらくすると乾いたので、取り付けてみました。
IMG_0283

おーw
これならOKですなー!
無事、タレ目が強調されなくなりました!

細かい事ですが、やはりカッコ良さは大事と言うことで!

今回のSolarstorm x3については、YouTubeにいくつかレビューが出ていますので、興味ある方はご覧下さい。

ちなみにAmazonでも売っていますが、送料込めると10,000円近く・・・。
私は海外サイトで$24でした。(送料無料)

バッテリーがどのくらい持つのかはまだ分かりませんが、追々情報を追加したいと思います。