連光寺坂
(西→東:聖蹟桜ケ丘から)

Posted by in training

聖蹟桜ケ丘の近くに連光寺坂という坂の練習?足慣らし?に適した坂があります。東から登る場合はまた別途書くとして、聖蹟桜ケ丘方面から登る場合です。私は津久井湖からの帰り道で野猿街道を一ノ宮まできてから川崎街道に乗ったり、矢野口から尾根幹行って多摩ニュータウン通りで戻って来ることが多いので聖蹟桜ケ丘側から登ることが多いです。

スタートは新大栗橋の交差点、ゴールは連光寺坂上の信号ということみたいですね。こちら側は。距離は約1.4km、全体平均斜度はルートラボで確認したところ5.5%。序盤は緩やかですが、最後の方は少し急になります。

新大栗橋〜信号(向ノ岡ともう一つ)

新大栗橋の交差点がスタートです。序盤は緩い直線の登りです。写真左が新大栗橋です。真ん中が序盤の登り。右が途中にある1つ目の信号ですね。割と信号引っかからないです。ただ交通量が多く、車が詰まっているときがあります。信号付近は路肩が狭いというかほとんど無いのでその時は止まらざるを得ません。

SHIM0251 SHIM0254 SHIM0258

1つ目の信号すぎると、すぐ2つ目の信号が見えます。ここもあんまり引っかからないです。左折する車+歩行者とかいたりすると引っかかったりしますが。

SHIM0264

信号〜連光寺坂上

信号すぎると路面が少し悪くなります。ガタガタ言い出します。バス停を左手に見てひたすら登っていきます。車が結構なスピードで横を抜けていくので左に膨らまないように注意する必要がありますね。すぐクラクション鳴らされます。

SHIM0266 SHIM0268 SHIM0271

左にカーブしだすあたりが一番急に感じます。といっても7〜8%が一瞬あるだけってところでしょうか。最後の最後ですね。2つ目の案内標識が見えたらゴールまでもう少しです(1つ目はもうちょい手前)。

SHIM0275 SHIM0277 SHIM0279

で、連光寺坂上の信号がゴールです。この信号はよく引っかかります、が、今回は青でした。

SHIM0280

この信号すぎると、稲城方面へは緩ーい下りが延々続きます。スピード出しすぎに注意ですね。

ちなみに私は豪脚ではないので序盤の登りのうちにフロントをインナーに落としてクルクル回して登ります。ダンシングはほとんどしません。

ルート


ルート